特定調停とは

特定調停のメリットとデメリットとは

特定調停を行うことによって借金を減額することでき、3年程度で債務が返済できる状態になりますが、メリットとデメリットは具体的にどのようなことがあるのでしょうか。

まず特定調停を行うことによるメリットですが、かなりのメリットがあると考えられます。特定調停は任意整理と違い、簡易裁判所に依頼を行うため、費用が安く済みます。手続きも比較的簡単なもので済みますし、多数いる債権者の管轄裁判所が違っている場合でも1つの簡易裁判所で申し立てができます。

任意整理と同じように、特定調停を申し立てた時点で債権者は督促をできなくなります。また、借金の金額が、利息制限法によって再計算され、債務が減額されます。特定調停が始まると、借金によって強制執行が行われる場合や、給与差し押さえ、不動産の売却など、借金によって背負うハンディを止めることができます。

さらに特定調停のメリットとして、免責不許可事由によって破産手続きができない人も利用することができることがあげられます。一方、特定調停のデメリットですが、特定調停は各簡易裁判所の調停委員によって、債権者との交渉を行いますが、調停委員によってばらつきがあります。

また、債権者が多い場合には、債権者が調停に応じない場合があり、特定調停が認められない場合があります。さらには特定調停は確定判決と同様の効果があると考えられているため、確定調停が成立したすぐ後、支払いが滞納した場合には、給料を差し押さえられるなどの強制執行が発生する場合があります。