特定調停とは

特定調停の概要

特定調停とは債務整理の一つの方法で、債務者が簡易裁判所に申し立てることによって、債権者と債務者の間に簡易裁判所が入って借金返済の仲裁を行うことをいいます。簡易裁判所の仲裁にあたっては、返済条件が軽減されるように働きかけてくれます。

借金の減額方法は基本的には任意整理と同様の方法がとられ、債権者との取引開始時期にさかのぼって計算し、利息制限法の上限を超えている金利部分は差し引かれることになります。

任意整理との違いは、任意整理と比べて特定調停に協力する債権者がいない場合もあったり、簡易裁判所によっては調停の基準が異なっているため、場合によっては、任意整理で減額される、遅延損害金や、調停成立後の利息を支払わなければならない可能性があります。特定調停を利用するためには条件があります。

借金があれば誰でも利用できるというものではなく、特定調停を利用することによって借金返済期間が大体3年ぐらいでできる人、もしくは、収入が継続して得られる人によります。ただし、特定調停を受けられる基準は簡易裁判所によって異なってきますので、確認が必要です。

ただし、特定調停は任意整理と違い、債権者との合意によって借金減額をすることができるため、債権者が合意してくれない場合には特定調停は成立しないことになります。また、特定調停を行う調停委員は必ずしも債務整理の専門家ではないことがあるため、借金減額の結果などが、任意整理と比べて思うようにいかないケースもあります。