破産申請の相談

弁護士

破産申請を行うにあたって、通常法律などに関して専門的な知識を持っていない人にとってはいろいろとわずらわしいことも多く、また裁判所に何度も足を運ぶなど、大変なことがあります。破産申請を行う際において、弁護士に依頼を行った場合、わずらわしい作業を全くする必要がなく、代行をしてくれます。

弁護士に破産申請をお願いした時のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。債務者から依頼を受けると弁護士は、各債権者に対して受任通知を送付します。受任通知を受取った場合、債務者に対して取立を継続する場合は、違法行為になってしまうため、罰金や業務停止などの処罰の対象となってしまいます。

そのため、取り立ての電話などが掛かってくることがなくなります。メリットの第二として、自己破産は本人で申立てをすることが可能ですが、資産の細かい内容や債権の内容調査、申請するための書類の作成など、手続きをする上、一度だけではなく何度か裁判所に行かなければなりません。また、申立てを行うまでは、債権者からかかってくる厳しい催促に対しても自分自身で対応しなければならないので、大変です。

しかし弁護士に依頼をした場合には、これらの作業や対応はすべて依頼した弁護士が代理人として行ってくれます。またメリットの第三として、弁護士を代理人とした場合には、自己破産を申し立てたその日に、裁判官と弁護士が面談することが可能となり、早期に破産申請手続きを完了して、自己破産を行うことができる部分にあります。