破産申請とは

自己破産をすることのデメリットとは

自己破産は借金を背負ってしまっている人にとっては、債務を全てなくしてくれるため大変メリットがある制度ですが、同時にいろいろなデメリットもあります。自己破産制度とはそもそも自分が所有している財産も失うかわりに背負っている債務をなくしてしまうという制度であるため、自己破産をすると、不動産や自動車など所有する財産も同時に失うことになります。

ただし、生活に必要な最低限の物は残してもらえるため、生活ができなくなってしまうということはありません。次に、自己破産をしてしまうと、信用情報機関に自己破産をした旨が登録されてしまうため、クレジットカードが使用できなくなってしまったり、新しくローンや借金をすることができなくなってしまいます。

この期間は最低でも5年から7年程度の期間借金をすることができなくなってしまうため、自己破産を申請する際にはそうしたことも覚悟の上でする必要があります。自己破産をすると、官報という政府発行の雑誌に自己破産者として記載がされます。

しかし官報はあまり一般の人が見ることはないので、そこまで気にする必要はありません。これ以外のデメリットとして、公法上の資格制限や、私法上の資格制限があります。

公法上の資格制限では、弁護士や公認会計士、司法書士、税理士など国から認定されている資格が自己破産すると停止されてしまいます。私法上の制限では、自己破産した人は保証人や後見人に立てなくなったりします。このように自己破産することのデメリットもいろいろとありますので、よく確認することが必要です。