破産申請とは

自己破産をすることのメリットとは

自己破産が裁判所によって認定された場合のメリットとしては、まずは背負っている借金が全てなくなります。

裁判所によって免責の認定がされますと、基本的には、税金であったり、社会保険料、水道代やガス代といった公共料金、罰金などを覗いて、すべての債務がなくなります。自己破産は裁判所によって、債務者の借金を全てなくすことによって、その人が、新しく社会生活をスタートするための救済制度であるため、借金がなくなることは大きなメリットといえます。

借金がなくなるということは、背負っている債務もなくなるため、債権者による取立てに対しても支払う必要がなくなります。そのため、債権者による債務の取立てを止めさせることができます。この債権者による債務の取立ては、自己破産を申請した時に停止させることが可能です。

破産申請を裁判所に行なってその旨が受理された場合、裁判所から受理票といったものをもらうことができます。この受理票とは、自己破産の手続きを開始したことが明記されており、番号が明記されています。

この受理票を債権者に提出することによって取立てを禁止することができます。すなわち、自己破産を申立ての後には、法律で借金を取立てすることが禁止されているからです。

万が一、裁判所による自己破産の受理票を債権者に送っても取立てが止まらない場合には、財務局に対してその旨を申し立てる必要があります。財務局は違法な債権取立てを監視する役目をになっているため、債権者に対して債権取立てを止める指導が入ります。

ワキ脱毛はミュゼプラチナム 渋谷