破産申請とは

免責不可事由とは

破産申請を行なって、破産手続きが行われた後に、借金がなくなることを決定してもらうためには、裁判所から、免責許可の決定をうける必要があります。この免責許可を受けるためには免責不許可事由に該当しないことが必要になってきます。

免責の決定にあたっては、裁判官から面接をうけることになります。この面接では、申し立て者がどのような理由で借金を作っているのか、何のために借金を作ったのかということを審査する内容です。この審査によって免責不許可事由に該当してしまった場合には、借金がなくなることはありません。

一般的に免責不許可事由に該当する内容はいろいろあり、その要件としては、自分や他人の利益を図っている場合、債権者を害する目的がある場合、特定の債権者に特別の利益を与える目的で担保を提供している場合、債権者の不利益になるように財産を隠したりする場合、浪費やギャンプルで借金を作ってしまった場合等です。

また、株や先物取引などの投資を行なって借金を作ってしまった場合、返済不能であることがわかっているにもかかわらずそれを隠して借金をした場合、借金の額を偽っている場合、裁判所に対して申告する際に偽って申告した場合も該当します。

この他に、免責申立の前7年以内に免責決定を受けていたりする場合、破産法で決められている破産者の義務に反している場合、免責の審査期日に無断で欠席したり、陳述を拒否した場合、などがあります。このような免責不許可事由に該当する場合は、借金がなくなることはありませんので、注意する必要があります。