破産申請とは

破産申請を行う条件

自己破産として裁判所に認めてもらうためには、まず破産申請を行いますが、破産申請には条件があります。自己破産を認めてもらうための条件を一言でいいますと、現在背負っている債務をどうしても返済することができない状態、いわば支払不能の状態であると裁判所が認めた場合に限ります。この支払不能の状態とは、どのようなものなのでしょうか。

支払不能の状態とは、個人の収入や負債状況によって異なりますが一般的には、負債の金額が年収の2倍を超えている場合であったり、3年から5年以上借金が返済することができない状態と考えられています。例えば、背負っている負債額が500万円である場合、収入の金額が10万円程度ですと借金を返済することが困難であると考えられます。

また、だいたい借金の総額が200万円程度が自己破産を受けるための一つの基準として考えられているといわれています。例えば借金が200万円を超えている場合でも、年収が借金の半分以上である場合であったり、3年から5年で返済することが可能であれば、自己破産以外の手段によって借金を整理する方法を検討してみることがいいかもしれません。

支払不能の状態である場合は、破産申請の際に、裁判所に対して書類を提出し、審査をしてもらうことになります。申請の時に必要な書類は、破産手続き申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、家計全体の状況、戸籍謄本、住民票などが必要になります。書類提出後、裁判官による面接が行われ、支払不能の状態にあるかどうかを審査されます。

博多のミュゼ店舗情報