破産申請とは

自己破産の概要

自己破産とは、借金を背負ってしまっており、何らかの理由によってその借金を返済できない人が、裁判所の決定によって、すべての借金が免除される制度のことをいいます。簡単に言うと、裁判所の決定によってすべての財産を失うかわりに、背負っている債務を全て帳消しにする制度のことです。

自己破産は一般の人にとってはあまりなじみがない制度で、自己破産というと、社会人としての権利が全て失われるようなイメージをうけますが、基本的には負債を背負っている人が社会で人生を再スタートできるための制度となります。

この自己破産制度は債務を全て帳消しにしてくれますが、すべての人が利用できるわけではありません。自己破産が認定されるためには、いろいろな条件があり、一言で言ってしまうと負債をどうしても返済することができない支払不能の状態であると裁判所が認めた場合に限ります。

また、自己破産と認定された場合に、いろいろは不利益があると誤解されていますが、選挙権がなくなる、謄本や住民票への自己破産の記載といったことはありません。ただし、政府発行の官報に破産者名簿として記載され、ローンやクレジットが利用することができなくなるなどのデメリットはあります。

自己破産を裁判所に認めてもらうためには、破産申請をし、所定の手続きを行なった後に、裁判所によって認められるという流れになります。基本的に自己破産をしてしまうと、現在所有している不動産や自動車、有価証券、生命保険などは全て処分の対象となってしまうため、破産申請を行う前には、自己破産以外の債務整理の方法を検討するのも一つの方法です。

ミュゼプラチナム 川崎でワキ脱毛