個人民事再生とは

個人民事再生の費用と流れ

個人民事再生は裁判所に対して申請を行うことで、借金を返済する計画を3年以内に限定し、借金を減額してくれる制度です。個人民事再生を裁判所に申請してから認められるまでの流れと費用はどのようになっているのでしょうか。

まずは地方裁判所に対して個人民事再生の申し立てを行います。申し立てを行った時点で債権者は申し立て者に対しての取り立てができなくなります。次に、申し立てた要件が十分に整っており、書類に不備がない場合には、開始が決定します。

借金を返済する債権額が決定した段階で、申し立て者は今後どのような形で支払いを行うのかの再生計画を立てます。その再生計画に対して書面での決議または意見聴取が行われ裁判所が認可を決定することで手続きが終了します。

この一連の流れが終了した時点で、作成した再生計画に基づいて債権者に対して申し立て者は借金の返済を開始するという流れになっています。個人再生手続きの費用ですが、一般的にほかの債務整理方法よりも費用が高いといわれています。

まず、申し立てをする時の申し立て手数料として収入印紙代が1万円かかります。その後予納金として1万2000円がかかり、裁判所が個人再生を確認するために個人再生委員を選任する場合には、報酬としてだいたい20万円程度の金額がかかります。また、個人民事再生は債務整理の中でも難しい部類のものとされており、通常は弁護士や司法書士に依頼するため、弁護士費用や司法書士への報酬が発生します。