個人民事再生とは

個人民事再生の特徴

個人民事再生は3年間の間で決められた金額を返済することができれば、その後の借金返済において大幅な減額措置が取られる制度ですが、特徴としてどのくらいの金額が減額されるのでしょうか。基本的な減額の原則として、債務総額の中の5分の1がカットされることになりますが、返済しなければならない最低金額は100万円ときめられています。

そのため、債務総額の5分の1もしくは100万円のどちらか大きい金額を返済する必要があります。これは最低弁済額要件といわれています。もうひとつの特徴として、清算価値保障原則というものがあります。

この清算価値保障原則とは、弁済総額が自己破産における破産手続きの返済額を下回らないこと必要があるという取り決めです。自己破産では基本的に自分の保持している不動産や自動車、生命保険解約金など財産を処分しなければなりませんが、個人民事再生においては、そうした財産を保持することができるかわりに、自分が所有している財産以上の金額を分割で返済する義務があるという特徴があります。

また、給与所得者等再生の中においては、可処分所得要件という取り決めもあります。この可処分所得要件とは、3年間の借金返済にあたり、1年間の収入額の中から最低限の生活費用を差し引いた金額の2倍以上の金額を返済しなければならないという特徴があります。この最低限の生活費用は、その人の住んでいる場所や年齢、家族構成などによって政令で定められている金額に基づいて算出されることになっています。