個人民事再生とは

個人民事再生のメリットとデメリット

個人民事再生は現在の生活を維持したまま、借金を減額することができる債務整理の方法ですが、メリットとデメリットがあります。個人民事再生におけるメリットとしてもっとも大きいものが、3年間決められた借金を返済した場合には、残りの借金の金額が大幅に減額されることになります。

原則として、取引の期間や、利息にかかわらず借金の総額の5分の1もしくは、100万円のうち、どちらか大きい金額を選択して、3年間で返済することができれば、それ以降の借金の返済額を大幅に減額することができます。

メリットの第二として、住宅を手放すことなく、生活環境を維持した状態で借金を返済することができるという部分にあります。個人民事再生の中で住宅ローン特則というものがあり、住宅ローンを繰り延べすることで、住宅ローン以外の借金の整理を行うことが可能です。メリットの第三として、民事再生後の借金返済に関しては利息がかからなくなります。一方個人民事再生を行うことのデメリットはどのようなものなのでしょうか。

まずデメリットの第一として、個人民事再生を行った場合、信用機関のブラックリストに掲載されてしまうため、一定期間新しくローンやクレジットカードなどの借金ができなくなってしまいます。また、住宅ローンを除く借金に対して保証人が付いていた場合は、保証人が借金を返済することになってしまうため、保証人に対して大きな迷惑をかけてしまうことになります。