個人民事再生とは

個人民事再生の概要

借金を返済する債務整理の方法として、個人民事再生という方法もあります。この個人民事再生とは2001年から始まった制度で、借金の金額が5000万円以下の人で、今後将来的に安定した収入があると見込まれる人に適用することができる制度です。

個人民事再生では借金を減額したうえで、3年間で借金を返済していこうという制度です。個人民事再生で取り決められた借金返済計画のうち、3年間で返済する分をきっちりと返済できれば、残りの借金が減額されるという制度になります。

自己破産と異なっている部分では、ギャンブルや浪費などの免責不許可事由がる場合や、職業上における破産の欠格事由に該当している場合でも個人民事再生を行うことができます。また、現在住んでいる住宅を手放すことなく借金を返済することができる制度です。

一般的に個人民事再生の手続きは3つの部分で構成されています。ひとつは小規模個人再生手続き、二つ目は給与所得者再生手続き、三つ目は住宅ローンに関する特則です。個人民事再生の一番の特徴は自分の住んでいるマイホームを手放すことなく維持した状態で借金を整理することができる部分にあります。

個人民事再生には、住宅ローン特別条項という規定があり、住宅ローンが終わっていない場合でも、住宅ローンの支払いを繰り延べすることで、住宅ローン以外の借金の整理に集中することができるという仕組みです。ただし、この場合の住宅ローンの繰り延べは、ローンの減額や利息の免除といったことはありません。