任意整理とは

任意整理に必要な費用

任意整理は自分自身で債務の整理を行うのではなく、弁護士や司法書士に依頼をして債務整理を行う方法です。そのため、任意整理を行う際に発生してくる費用は弁護士や司法書士に支払う報酬になってきます。

任意整理でかかってくる費用は、金額が決められているのではなく、弁護士や司法書士がそれぞれ自分たちで報酬の基準を決めているため、金額が異なってきます。ただし、弁護士や司法書士によって独自に報酬金額を取り決めていますが、弁護士会が統一基準というものを定めているため、そこまで大きく異なることはありません。

弁護士会の基準などを参考にしながら、任意整理を弁護士や司法書士に依頼を行う前には費用をあらかじめ調べておく必要があります。基本的に弁護士や司法書士に支払う報酬は弁護士会の基準によると、着手金と報奨金という二つの費用にわけています。

まず着手金ですが、依頼者が抱えている債権者の数によってことなります。基本的には1人の債権者あたり2万円の着手金が必要になってきますが、最低基準が5万円とさだめられているため、債権者の数が2件までですと5万円の着手金が必要になってきます。

この着手金は任意整理を依頼した段階で発生してくるため、任意整理の交渉がうまくいかなかった場合でも支払う必要がでてきます。次に、報奨金ですが、こちらは、債権者との交渉がうまくいった際に支払う金額になってきます。

基本的に1人の債権者との合意がなされた場合2万円かかります。また、2万円以外に債権者が主張している元本と和解した時の金額の差額の1割が報奨金として支払うことになります。過払い金が発生している場合は。過払い金の2割も報奨金として支払うことになります。