任意整理とは

任意整理の方法

任意整理を行う方法ですが、基本的に任意整理は弁護士や司法書士に依頼をして行うため、自分自身で行うことはありません。弁護士や司法書士が債権者との交渉をおこなって借金の減額をおこなってくれます。

弁護士や司法書士に依頼するときの流れですが、まずは相談をして依頼するかどうかを決定する必要があります。弁護士や司法書士に相談をする際には、自分が現在かかえている借金の額や期間など、状況を全て話し任意整理を行ってもらうことが必要です。

任意整理は、利息制限法に基づいて借金の金額を試算しなおすため、偽りの金額や、借金を隠しているといったことがあると、トラブルになる可能性があります。任意整理の依頼をする弁護士や司法書士を決め、依頼をすると次に、債権者に対して弁護士もしくは司法書士から受任通知といった通知書が送られます。この受任通知は任意整理を行いますといった宣言の意味をもっており、この受任通知を債権者が受け取ると、借金の取り立てができなくなります。

その後、弁護士や司法書士は、依頼者の借金状況に関する情報を債権者から取得します。これは、元本の金額や利息、返済状況の明細などがふくまれており、この借金状況をもとに法定金利を超えている過払い分を計算して、借金から減額できる金額を試算します。

弁護士や司法書士はこの再計算によって、大体3年以内で借金が返済できる計画を組んでくれます。この新しくたてられた返済プランを元に債権者と交渉を行って、債権者が合意した場合は、合意書が作成され和解が成立します。