任意整理とは

任意整理のメリットとデメリットとは

任意整理は弁護士や司法書士に行ってもらう債務整理の方法で、借金を減額してくれる効果がありますが、そのメリットとデメリットをあらかじめ知っておく必要があります。任意整理を行うことのメリットとして、借金を減額することができることが大きなメリットとなります。

過払い金などの状況によっては、借金がなくなったうえに、支払い過ぎていた金額が返済されることがあります。任意整理は利息制限法に定められている金利を元に借金の金額を計算されるため、これを超える利息分は過払い金として元本から差し引かれることになります。

また、取引開始時からさかのぼって借金が計算されるため、長期間借金を返済している場合には、元本から大幅に差し引かれ、相当な減額をすることが可能です。それ以外に、将来的に支払う予定であった過度の利息分も支払う必要がなくなるため、毎月の返済額も減額され、経済的に楽になります。

また、任意整理の依頼を受けた弁護士や司法書士は債権者に対して受任通知を行うため、債務者に対して借金の取り立てができなくなります。今まで取り立ての電話や通知などに意識をさかなければならなかった部分がなくなるため、精神的に楽になります。

任意整理のメリットとして上記のような内容があげられますが、デメリットもあります。任意整理のデメリットとしては、信用機関に対して任意整理を行った旨が通知され、ブラックリストに掲載されてしまうことになります。そうすると、任意整理を行ってから平均して5年から7年の期間は新しく借金を行うことができなくなります。これにはローンやクレジットカードなども含まれてしまうため、少なからず社会生活を続けていく上で不便になる可能性があります。