任意整理とは

任意整理の効果とは

任意整理を行った場合、効果として、通常借金が減額されます。借金が減額される仕組みとしては、借金を計算しなおす基準として、債権者との取引が開始された時点を起点として計算することにあります。

まず弁護士や司法書士に任意整理の依頼をした場合に、契約を結んだ時点でいくらの金額を借り、利息としていくら支払う契約をしたのか、また、現在までどの程度の金額が返済されたのかという部分を加味して計算がされます。

また、利息に関しても、法定金利を超えている場合などがあり、そうした場合は、支払った分をさかのぼって計算することになります。多くの事例として、借金返済が困難な理由として法定金利を超える利息が設定されていることが多く、任意整理によって再計算されると、過払い分の金額が明確になり、借金が減額することが可能です。

通常金利に関する法律として、29.2パーセントの金利を上回る場合には罰則規定がありますが、利息制限法で定められている金利を超えた場合は罰則規定がないため、利息制限法の金利以上、29.2パーセント以下の金利を貸し付ける場合が多く見られます。

利息制限法で定められている金利が15パーセントから20パーセントとなっており、この比率以上の金利を定める貸付業者が多く存在します。任意整理を行う際には、この利息制限法が基準となって金利を再計算するため、利息制限法以上の金利分は過払い金とみなされ、借金から差し引かれるという仕組みになっています。