有担保の事業ローンについて

有担保の事業ローンとは、ローンで貸し出しを受ける額に見合った価値を持った不動産を担保とするもののことです。担保となった不動産は、ローンで借り入れしたお金が返せなくなってしまった場合に、その弁済に充てられます。低い金利と、高い借入額上限が、有担保の事業ローンのメリットとなっています。ある程度まとまった金額を借りる場合、金利というのは特に大切です。

金利が5%の事業ローンと、8%のローンとで違いを見ていきましょう。金利差を見ると3%ですので、数が小さいためにそんなに差が無いように見えるかもしれません。しかし、借入額5千万円、借入期間10年のローンの場合、月々の返済額は5%で53万5千円、8%で61万円となり、7万5千円の差が出ますので、1年間では90万円の開きが出ます。事業ローンを組むときに大事なのは、金利を小さくすることであることがおわかりいただけるかと思います。

申し込みの際には、事業ローンの貸し出しを受けることができるかどうか、審査を受ける必要があります。もう営業を開始しているのであれば、直近の決算書を提出することになります。新規の開業資金として事業ローンを申し込む場合には、事業計画書の提出が必要です。ローンの申込みをする金融機関によって、事業ローンの金利や審査される内容は違います。事業ローンという名前で呼ばれていても、中身はさまざまです。事業ローンを利用する場合には、まずはじめに情報をきっちりと集め、商品を比較検討する事をすすめます。