破産申請を行う前に確認すること

保証人との関係

破産申請を行う前に絶対に確認しておかなければならないことの一つとして、保証人との関係をしっかりと確認しておくことが必要となってきます。破産申請を行って、免責が許可された場合には、借金がなくなるのは、破産申請を行った本人のみとなります。

すなわち、申請者は借金がなくなったとしても、申請者の保証人がかわりに借金を背負ってしまうことになってしまいます。そのため、債務は保証人にかぶさってしまうため、取り立てなどが、保証人にいってしまうようになります。

保証人が借金を返済することができる財力をもっていれば問題ありませんが、もし申請者が多額の借金を背負っており、保証人が返済できる限度を超えていれば保証人も自己破産などをおこなって債務整理をしなければならなくなってきます。

もし保証人がいる場合には、破産申請をする前に必ず保証人に相談をすることが必要となってきます。たとえ多額の債務によって生活が圧迫され、苦しんでいたとしても、保証人がいる場合は自分の問題で他人に大きな迷惑をかけてしまうことになるので、借金や自分の財務状況の説明をしっかりと行ってから債務整理の対策をとることが必要になります。

保証人と相談を行えば、保証人自体も申請者の債務整理に対しての対策を考えることになるため、事前に十分に話し合いを行うべきでしょう。たとえば、保証人が裕福の場合には、自己破産を行う前に保証人に借金を立て替えてもらうという方法もとることができますし、あるいは、自己破産以外の任意整理といった方法や個人民事再生という方法をとる可能性もでてきます。