破産申請を行う前に確認すること

自分の財務状況

自己破産は多額の借金をしている人にとっては、借金を無くしてくれて、新しく人生を再スタートしてくれるありがたい制度ですが、それなりにデメリットもあります。

破産申請後は同時に自分の取得している財産も失ってしまうデメリットや、今後数年間はクレジットカードが使用できなかったり、作れなかったりするデメリット、あるいは新しく借入やローンなどの借金ができなかったりなど、借金はなくすことはできますが、今後の社会生活に少なからず影響がでてしまうハンディキャップがあります。

まずは破産申請を行う前に、きちんと自分の財務状況を見直すことが必要となってきます。破産申請を行い、認められるためには、大体借金の金額が自分の年収の2倍以上あるケースや、借金の返済のめどが5年以上たっても返済できないなどのケースが認められる可能性がありますが、上記の条件のみで単純に破産申請を行うべきではありません。財務状況によっては、自己破産以外の債務整理の解決方法もあり、自己破産をすることによってデメリットを負担しなくても大丈夫かもしれません。

破産申請以外の債務整理の方法として、任意整理であったり、特定調停、個人民事再生といった方法もあるので、自分の財務状況にあった解決方法を選ぶ必要があります。自己破産をするためにも、裁判所に申し立てを行うための費用や破産申請をお願いする弁護士に支払う費用などなかなか馬鹿にならない費用が発生してしまうため、慎重に財務状況を確認して対策を練ることが必要となります。